ダイビングライセンスを取得するなら沖縄がオススメ

海の世界を見てみたい、魚を間近で観察してみたいという時にオススメなのがダイビングのライセンスです。
未経験の人がスキューバダイビングを行うためには、ライセンスが必要となります。
海の世界は陸上とは異なるため、安全に楽しむための環境への知識や安全に潜れる技術が必要不可欠です。ダイビングライセンスを取得するということはこの知識と技術を身につけることにつながります。
ライセンスを取るまでの流れとしては、安全に潜るための学科講習で陸上との違いや機材の使い方、水中生物との接し方やルールなどを学んでいきます。次にプールまたは海の浅瀬で限定水域講習として、ダイビングの基礎を学んでいきます。陸上での機材の装着や使い方、深いプールや波の静かな海で基礎スキルを習得し、水深3?5m程度の深さまで潜って耳抜きや中性浮力などの基礎技術を身につけていきます。
基礎技術を身につけたら実践を行います。基礎スキルの復習と応用をする海洋実習で練習した実技を実践していきますが、風邪や二日酔いなど耳抜きが出来ないと実習が受けられないため注意が必要です。
無事に海洋実習まで終えるとテンポラリーカードという仮カードが発行されます。実際のライセンスであるCカードを受け取るまでには2?3週間程度の時間が必要です。
このような流れでダイビングライセンスは取得できますが、講習を受けるためには専門のダイビングスクールなどに行くことが必要となっています。
旅行気分でスピーディーに取得したいという場合には、沖縄での取得がオススメです。
沖縄では四日間程度のスピーディーに短期間で講習を受けてライセンスを取ることができるツアーが人気となっています。
沖縄にあるダイビングショップでは短期間の講習が行われており、ツアーに参加しているのは意外と一人で参加している人も多く安心して取ることができるのもメリットです。
また、海自体が本州とは異なり綺麗に澄み切っており、温暖なエリアなためダイビングをコンスタントに楽しむことができるようになっています。そのような環境から、低価格ツアーを用意しているダイビングショップも多彩に揃っているのも魅力といえます。
沖縄でダイビングライセンスを取得することができれば、インストラクターがつかずに泳げるようになります。
インストラクターがつかないことによって新たな刺激や発見などを見つけることができ、経験を通して上達する為自分に適したプランで講習を受けることがオススメです。

沖縄ダイビングライセンス 一人旅・女性